皆様へ☆

”INDEEDブランドはこの11月で27周年!を迎えました”
これもひとえに皆様のおかげと感謝申し上げます。

27年の間にどれだけの数のバッグをお買い上げいただいき、ご愛用いただいているのか把握できておりませんが、
感謝の気持ちを込めて、INDEEDの革製品に限り、直営店『rustica』にて色メンテナンスをさせていただきます。
簡単なものでしたら無料!です。

期間:11月25日(火)~29日(土)
場所:rusticaラスティカ
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15
phone&fax: 03-3467-4005
営業時間 11:00~19:00
http://rusticahome.web.fc2.com

また、お預かりとなりますが、有料の色メンテナンスや修理なども承ります。

最終日の29日(土)11:00~19:00 1日限定で
レザーのクリーニング&リペア専門である『レザードクター/ユニタスファーイースト社』のスタッフが店頭で、直接お客様のご要望をお聞きし、お直しを承ります。
こちらはINDEED製品に限らず、バッグ、靴、レザージャケットなども受け付けます。

メンテナス用品も取り揃えております。長くお使いいただくためにも日ごろのお手入れの仕方など、この機会にお気軽にご相談ください。

ご来店お待ちしております♪

参考までにブログのほうも是非ご覧ください。
http://www.yes-indeed.com/…/no-10-%EF%BD%82%EF%BD%81%EF%BD…/
10730845_807172549339452_5423080083448052913_n.jpg
ラスティカfacebookより転載。

上記内容は、全て東京のラスティカショップにてさせていただきます。
但し、博多阪急6Fインディードでも磨きのメンテナンスを無料で致します!!
また、有料となりますが、染色や修理等もスタッフにご相談くださいませ。

メンテナンス強化週間!

本日より11月30日(日)まで、メンテナンス強化週間として、
売場にて無料で磨きのメンテナンスをさせて頂きます
この機会にご愛用の鞄をご持参の上、ショップにお立ち寄り下さい

IMG_1614.jpg

写真は、ユニタス社のメンテナンス用品です。
今までお取り扱いございませんでしたが、新たに仲間入り☆
詳しくは、スタッフにお気軽にお尋ね下さいませ

スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ちしております 

お手入れ方法実験中!

現在、INDEED製品に対しての推奨メンテナンス方法を研究し、皆様に周知するというプロジェクトが進行中です。

情報を集めている段階で、ユニタス社のレザープロテクションクリームというものに出会いました。これが”話出来すぎ!”というほど優れているのですね~
しかし、、、それがINDEED製品に適しているのか?...
営業の方のお話を100%信じていいものなのか?何かデメリットがあるのではないか?

これは実験するに限る(^ω^)ということで、
スタッフ3人がiphoneケースを新調し、その一部にクリームを塗りこんで経過を見ることにしました。iphoneケースは意外と汚れやすく、爪キズなどもつきやすいので絶好のアイテムですよね(*゚▽゚*)

その出来すぎの話というのが、傷が付きにくくなる/撥水性がある/色落ちもしにくくなる/だけどヌメ革の経年変化を楽しめる♪
その効果は4ヶ月ほど継続するということなのです。やはりにわかに信じられない(´・_・`)経過は定期的に皆様にもご報告いたしますね。

素材は、写真左から「ボルサ」イエロー、「ゼニス」ダークブラウン、「グラント」新キャメルです。

レザプロを実験

Face book INDEED 掲載分より
記事をシェアさせてもらいました♪

傷も色落ちも気にせず革の風合いを楽しめるなんて
素敵なことですよね

さて、これからどうなっていくのでしょうか?
今後が楽しみですね

”バッグ糸ほつれ修理法 ”

INDEED製品のほとんどが、「ビニモ」という皮革用に開発されたポリエステル糸で縫製されています。
量産品の場合、糸止め部分は返しミシンをかけた後、電気ゴテを使い糸を切ると同時に先端を溶かし、固めることでほつれにくくしています。
でも、引き手のように頻繁に手に触れ、力がかかる部分はどうしてもほつれやすいのは事実です(-_-;)
...
そこで、写真のようにちょっと糸がピロッピロッとなってしまった時点でお客様自身で対処していただけると、メーカー側としては、とってもありがたいです(*^^)v

【糸ほつれ対処方法】
A、ライターであぶる。
 1、約5mmほど残して糸をカットしてください。(あまり長いと燃えすぎてしまって危険です)
 2、糸の先端に火をつけチリチリと溶けて針穴まで到達したら、火を消して一呼吸おいて指で押し付けてください。(火傷しますので、必ず一呼吸おいてください。)

B、ボンドをつける。
 ギリギリまで短く糸を切り、爪楊枝などにボンド(木工ボンド、セメダインなど乾いた後透明になるものならOK)をつけ、針穴に糸先を押し込むようにしてボンドが乾くのを待ってください。
(針穴部分にボンドが付着した状態であれば糸先が針穴に入らなくても問題はありません。)

★★★注意点★★★
・ライターであぶる方法は、素材が合皮や塩化ビニールなどの場合、熱により溶けたり変色しますので向きません。
・写真のようにファスナー引き手が革でも、本体がナイロンや布帛の場合、本体に火を近づけすぎると変色することがありますのでご注意ください。
・お子さんが真似をしないように十分にご注意ください。

また、ファスナー引き手が取れて紛失してしまった場合は、郵送などでお送りすることも可能です。
(近頃の製品は「ZFスライダー」というタイプを使用している場合が多く、ファスナー引き手をお客様自信で簡単に差し込むことが可能です。)

その際は、お買い求め店舗にご相談いただくか、メールにて連絡ください。(メールの場合、製品の確認が必要ですので、写真などの添付をお願いしています。)
メールでのお問い合わせ:inf@yes-indeed.com
***夏期休暇の為、返信は19日以降となります***

アーリア糸ほつれ

Face book INDEED 掲載分より
記事をシェアさせてもらいました。

ちなみに、私はライター派です。ライターの熱で、ジリッと溶け糸の先端が玉止めみたいになり
しっかりとまります。
何より一番手っ取り早いような気がします。

ただし、ナイロンなど素材によっては、ボンドで止めないと生地が焼けちゃいますよね。

糸ほつれの修理をご自分でされるのは、ちょっと
苦手だな~という方はお気軽に当ショップまでお持ち下さい。
 注意)状態によっては、少々お日にちを頂きます。